• 総合案内
  • インプラント
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 歯っぴークラブ
  • 医療理念
  • 治療の流れ
  • スタッフ紹介
  • 治療費用
  • 患者さまの声
トップページ > 骨がなくてもインプラント!

骨がなくてもインプラント!

あなたは骨が無いのでインプラントは出来ません。といわれてあきらめていませんか。
歯を失うと歯のまわりの骨は吸収されます。特に歯槽膿漏で歯を失った場合は吸収が多くなってしまいます。
インプラントをしようを思っても、十分な骨の量が無い場合には、骨を作る手術をしないと長持ちする
インプラントは出来ません。

専門的にいうと、

  1. ソケットリフト法
  2. サイナスリフト法
  3. GBR法

などがあります。
まとめて骨増生手術ともいいます。

これらの方法は、高度な技術を要するため、きちんと出来る病院は少ないと思います。

1.ソケットリフト法、2.サイナスリフト法

 上顎骨の上には上顎洞(副鼻腔)という空洞があります。
通常のインプラントは、上顎洞の下の骨の部分に埋め込むわけですが、そこの骨が足りない場合があります。そういう時に
上顎洞の下の骨を持ち上げ、そこに新たに骨を作り、インプラントを埋め込む手術方法です。

 新たに作る骨は自家骨(インプラントを埋めるところより後ろのほうから採ることが多い)や人工骨を使いPRP(採血さ
せて頂き専用の機械で遠心分離し、血小板を多量に含んだ血液を抽出する―この血液は骨が出来るのを促進したり、術
後の腫れをおさえたり、傷の治りを早くする効果をもっている)を混ぜた物を使います。

ソケットリフト法
ソケットリフト法の説明イラスト

 新たに作る骨は通常4ヶ月〜6ヶ月で骨に変わります。
出来る限り手術の負担が少ないソケットリフト法でやります。

当院で行ったソケットリフトで術後に腫れたり、病んだりするケースは今のところありません。
成功率も今のところ100%です。

3.GBR法

 GBR法とは、Guided Bone Regeneration の略で、日本語では骨誘導再生法と呼ばれており、骨の少ない場合に、骨
の再生を促す方法です。人工骨を使ったり、自家骨(患者さん自身の骨)を採取移植したりして骨を再生させます。

GBR法
GBR法の説明イラスト

GBR法は、ソケットリフト法などと違い少し腫れる場合があります。(手術内容や体質によりますが)
  最近では、ケースによってはGBRをしなくても骨を作る方法もでてきましたので、なるべくGBRせずに手術をするように
しています。

他の医院で「骨が無いのでインプラントは出来ません。」といわれた方も上記のような方法を併用してインプラント手術を
やれば十分長持ちするしっかししたインプラントが出来ます。ぜひ一度ご相談ください。

インプラント無料電話相談受付中! インプラント小冊子無料プレゼント中!

このページの先頭へ